2012年11月29日

農林水産省さんのH・Pに掲載されました。

震災直後、東電原発事故が発端で被害が急速に広がった、農産物や海産物への風評被害。
どうして?そう言う事が起きるのか?と考えていました。
私たちの仲間は「東北の農産物や海産物は美味しいんだぞ」と、諸先輩方々から教えを頂いて来ました。
だから、風評被害がブームの様に広がり始めた頃は、物凄く悲しい思いでした。
生産者の方を知っている訳じゃ有りませんが、他人事とは思えなくて、風評被害のニュースを聞く度に、本当に心が痛みました。

我が町「相模原」にも、被害が及んでいた事、皆さんご存知でしたか?
山梨県との県境に近い「佐野川地区の緑茶」が、放射能により全滅でした。生産者の方も、ショックを受けたそうです。

風評被害が広がり出した当時より、農林水産省さんが始められた「食べて応援しようプロジェクト」に賛同して、微力ながら参加させて頂いておりました。
名も無い小さな店の小さな賛同運動を、農林水産省さんのH・Pに紹介されました。

本当に有り難い思いでいっぱいです。
それと共に、これからも頑張ろうと思います。

http://www.maff.go.jp/j/shokusan/eat/121119.html
posted by きまぐれ職人 at 23:06| 気まぐれ日記