2013年11月21日

相模湖町産の柿の終物


昨夜は珍しく、早い時間に我が家なり。

何となく、のほほ〜んとしています。

今日は無花果の仕込みを終えた後に、柿の終物が我が手に。

かき1.jpg

柿の木の枝から落ちる寸前を見計らって、この寒空の下、収穫して下さいました。

枝で熟して、枝から落ちる寸前。

とっても贅沢で美味しい瞬間ですね。
大切に使わせて頂きます。

柿を持ってきてくれたのは、素材提供者の石田さん。

この方とは『種まきから食まで』と言うプロジェクトを、成功に導いてくれる大切な同志。

美味しい物を、美味しい時に提供して下さる、ビジネスパートナーでもあります。

かき2.jpg

『種まきから食まで』プロジェクトの同志は他に、イタリアンレストラン、パン屋さん、和菓子屋さん、カレー屋さん、洋菓子屋のオーナーが揃っていて、料理教室などを考えています。

子供が自分の手で野菜を育て、自分の手で収穫をして、料理教室で作って食べる。

子供達の笑顔を創作すると、何かワクワクしませんか?

本当に楽しみなプロジェクトです。


posted by きまぐれ職人 at 17:46| 気まぐれ日記