2013年11月29日

「種蒔きから食までプロジェクト」


でいたらぼっち会のプロジェクトの一つ。

「種蒔きから食までプロジェクト」

昨夜の事なのですが、少しどころか大幅に話が進みました。

このプロジェクトは、参加される方自身が種を蒔き、収穫し、料理教室で作り食べると言うものです。
土をいじる楽しさ。

芽生えの喜び。

草取りの大変さ。

成長の嬉しさ。

収穫時の達成感。

料理する好奇心。

自分の手で収穫したものを食べる感動。

一連の作業を通して、子供からお年寄りまで、楽しんで頂こうと言うものです。

精神疲労、肉体疲労、ストレスの改善にもなると思います。

ざわめいた都会から、一瞬の逃避行のお手伝いにもなると思います。

来年の4月頃からスタート出来そうな気がして来ました。

ここまで来るのに、多くの方がスクラムを組みました。

一連のスクールを考えて下さった生産者の方。

料理教室をやっても良いと力を貸して下さる食の達人。

楽しみです。


色々な方の言葉も後押しになりました。

「やると思ったらやっちまえ」 (いちごの里社長)

「生産者さんと料理人を奮い立たせるのも、構想者の心」 (亀山先生)

「素晴らしいプロジェクトですね」 (大川先生)

「後は私が、実行日を決めるだけ」 (石山さん)

「うん解った」と一言だけ言って、企画書を持ち帰って下さった地元紙の関係者の方。

皆さんのお言葉と、同士の職人の皆さんのお陰です。

有難う御座います。

感謝<
br>
deira5.jpg

posted by きまぐれ職人 at 00:43| 気まぐれ日記