2007年04月27日

簡単ケーキ教室



気まぐれ職人の

気まぐれケーキ講習会
コックさん.gif

今回のお菓子は

ブラウニー

◆ 材料 ◆
30cm×30cm天板1枚分

小麦粉130g
砂糖170g
3個
バター145g
ココア90g
ブランデー大さじ1
ミルク大さじ1
フルーツミックス適量
飾り用ナッツ適量


◆ 製造準備 ◆

天板にオーブンシートを敷いておく。
オーブンは160度に暖めておく。


◆ 手順 ◆

1、小麦粉とココアを良くふるい混ぜておく。
2、ボウルにバターを入れて電子レンジで少しだけ溶かす。
3、柔らかくなったら砂糖を加えしっかり混ぜてクリーム状にする。
4、卵を数回に分けて混ぜ合わせる。
5、泡立て器でしっかり混ぜてクリーム状にする。
6、お酒やミルクを加える。
7、フルーツミックスを加えて混ぜる。
8、粉類を入れて、手早く混ぜる。
9、天板に平らに同じ厚さになるように種を流す。
10、平らにした種の上から、クルミやアーモンドなど好みのナッツを飾ると、より美味しくなります。
11、オーブンに入れて焼き上げる。
12、焼き上がったケーキは すぐに天板から出し、お好きな大きさにカットします。


◆ プロからのアドバイス ◆

バターはわざわざ無塩を使わなくても、あるバターでかまいません。
バターが無い場合はマーガリンやサラダオイルでも製造出来ます。
トッピングを変えるだけで、色々なバリエーションが楽しめます。
ココアをチョコレートに変えても美味しいです。
板チョコでも良いので小さな入れ物に割り入れ電子レンジにかけて溶かし、卵の後に加えて下さい。
多少のデコボコは気にしなくて良いです。
表面が乾き、串を刺してもべたべた着いてくる物がなくなれば焼き上がりです。
オーブンから出した後は、何時までもそのままにしておかない方が良いです。


ケーキと言う物は、食べてもらう人に対しての愛情がスパイスになります。
初めの内は、出来上がりにこだわらず、何回もチャレンジして下さいね!!!
posted by きまぐれ職人 at 17:32| 気まぐれケーキ教室

2007年02月19日

簡単ケーキ教室



気まぐれ職人の

気まぐれケーキ講習会
コックさん.gif

今回のお菓子は

ココアのロールケーキ

皆さんの手元には、バレンタインで使ったチョコレートやココアが残っているのではないでしょうか。
そこで、その残り物を使って、チョコレートのロールケーキをお子さんと一緒にチャレンジして見ては如何でしょう。


◆ 材料 ◆
30cm×30cm天板1枚分

    
<スポンジ生地>
卵黄2個分
砂糖30g
薄力粉80g
ベーキングパウダー小さじ1/3
サラダ油大さじ2
ココア大さじ1
熱湯55ml
卵白4個分
砂糖35g

<チョコカスタードクリーム>
チョコレート85g
卵黄2個分
砂糖50g
薄力粉15g
牛乳200ml
バニラエッセンス少々


◆ 製造準備 ◆

1、卵は室温にもどしておきます。
2、薄力粉とベーキングパウダーを良く混ぜ合わせ、ふるいに数回通しておきます。
3、オーブンを190℃に予熱セットしておきましょう。
4、天板の大きさに切ったオーブンシートを天板に敷いておきましょう。


◆ 手順 ◆

<スポンジケーキを作る>
1、熱湯とココアを合わせ、ココア液を作ります。
2、ボウルに、卵黄を泡立て器でほぐし、砂糖を加え、クリーム状になるまですり混ぜ合わせます。
3、ココア液を少しずつ加え、満遍なく混ざりあったらサラダ油も加えて混ぜ合わせます。
4、薄力粉・ベーキングパウダーを少しずつ加え、粉っぽさがなくなるまで手早く混ぜ合わせます。
5、別のボウルに卵白をハンドミキサーで泡立てます。
6、全体が白っぽくなってきたら砂糖を数回に分け加え、角が立つまでしっかり泡立てます。
7、4のボウルに卵白の1/3の量を加え、全体がなじむように泡立て器で混ぜ込みます。
8、残りのメレンゲを一度に加え、ゴムべらで泡をつぶさないように底からさっくり手早く混ぜ合わせます。
9、全体がむらなく混ざったら、天板に流し込み、190℃のオーブンで約13分程焼きます。
10、オーブンシートを外して冷ます。

<チョコカスタードクリームを作る>
1、チョコレートを湯煎でとかします。
2、ボウルに、卵黄をときほぐし、砂糖・薄力粉の順で加え、しっかりと混ぜ合わせます。
3、鍋で温めた牛乳を、少しずつ加えながら手早く溶き混ぜ、バニラエッセンスも加えます。
4、鍋にもどして中火にかけ、木べらで手早く練り混ぜる。とろみがついたら弱火にします。
5、だんだんととろみがついてくるので、もったりするくらいまで練れば、火を止め、冷まします。
6、ボウルにカスタードクリームを移し、湯煎で溶かしたチョコレートを加え、しっかりムラのない様に混ぜ合わせます。

<仕上げ>
1、チョコカスタードを、スポンジ生地の巻き始めと巻き終わりの2cm残してぬり、ペーパーごと持ち上げて手前から巻き寿司の要領で巻きます。
2、冷蔵庫で少し冷やし休ませてから、包丁を温めながら切り分けて、出来上がりです。

◆ プロからのアドバイス ◆

だまが出来たら茶こしに通す。
スポンジは、良く熱を取ってからの方がペーパがはがしやすいので、気長に冷まして下さい。
チョコレートは混ぜ過ぎると分離しやすいので、気を付けて下さい。
巻き上げる時は、力を入れ過ぎるとクリームがはみ出すし、力を抜いて巻くと空洞が出来てしまうので、気持ちを集中して巻いて下さい。

ケーキと言う物は、食べてもらう人に対しての愛情がスパイスになります。
初めの内は、出来上がりにこだわらず、何回もチャレンジして下さいね!!!

posted by きまぐれ職人 at 15:37| 気まぐれケーキ教室

2007年01月16日

簡単ケーキ教室



気まぐれ職人の

気まぐれケーキ講習会
コックさん.gif

今回のお菓子は

バナナ風味のココア・マフィン

最近のバナナは美味しくなって参りました。
そこで、今回はバナナ風味のココア・マフィンを御紹介致しましょう。
今回のケーキはそんなに難しくないので、お子さんと一緒にチャレンジして見て下さい。


◆ 材料 ◆
ケーキカップ数個分

マフィン生地
薄力粉(A)150g
強力粉(A)80g
ベーキングパウダー(A)小さじ2杯
ココア(A)60g
食塩(A)ひとつまみ
三温糖70g
全卵2個
サラダ油120cc
牛乳200cc
バナナ(正味)120g
チョコチップ100g
仕上げ用粉糖適量


◆ 製造準備 ◆

1.Aの材料を良く混ぜ合わせておく。
2.バナナは粗潰しにしておく。
3.オーブンは180℃に上げておく。


◆ 手順 ◆

1.Aの材料を良く混ぜ合わせて、数回フルイに通しておきます。
2.別のボールに卵を良くほぐし、三温糖を混ぜます。
3.サラダ油と牛乳を良く混ぜあわせて、2.に加えて混ぜ合わせます。
4.Aの材料を混ぜ合わせ生地を作ります。
5.バナナとチョコチップを合わせ、生地に入れてマーブル状に混ぜます。
6.ケーキカップに流し込み、180℃のオーブンで30分焼きます。
  7.冷めてから粉糖を振って出来上がり!!


◆ プロからのアドバイス ◆

1.Aの材料はフルイを通す事によって空気をふくみ、手早くサックリと混ざる様になります。
2.バナナは、潰し過ぎると食感が無くなるので、注意して下さい。
3.生地はあまり混ぜ過ぎると粘りが出るので、注意して下さい。
4.粉糖はマフィンが完全に冷めてからふりかけないと、溶けてベトベトになってしまうので、注意して下さい。

posted by きまぐれ職人 at 17:53| 気まぐれケーキ教室

2006年11月27日

簡単ケーキ教室



気まぐれ職人の

気まぐれケーキ講習会
コックさん.gif

今回のお菓子は

スパイシークッキー

今年もわずか1ヶ月あまり、そろそろ忙しくなって来ますね。
今回は忙しい気持ちを和らいでくれる、ちょっと変ったクッキーを御紹介致しましょう。
スパイスには心を和らげる力がありますので、チャレンジして見て下さい。


◆ 材料 ◆


クッキー生地
バター130g
砂糖80g
全卵1個
小麦粉230g
食塩少々
ジンジャーパウダー小さじ1/2
シナモンパウダー小さじ1
ナツメグパウダー小さじ1/4
ココア小さじ1/2
ベーキングパウダー小さじ1/2
食用着色料数種類少々
飾り用アイシング生地
粉砂糖200g
卵白50cc


◆ 製造準備 ◆

1、バターは室温で柔らかくしておきましょう。
2、小麦粉・ジンジャーパウダー・シナモンパウダー・ナツメグパウダー・ココア・ベーキングパウダーは、数回ふるいに通しておき、食塩を加え混ぜ合わしておきましょう。
3、卵白は冷蔵庫に入れ、冷やしておきましょう。
4、オーブンは170℃まで上げておきましょう。
5、着色料は使う分だけ、水に溶いておきましょう。


◆ 手順 ◆

1. バターをホイッパーで白っぽくなるまですり混ぜ、砂糖を加えてさらにしっかりと混ぜます。
2. 卵を良くほぐして1に数回に分け加え、クリーム状になるまでかき立てます。
3. パウダー類をふるいに数回通し、2にゴムヘラで手早く混ぜ込み、少し粘りが出て生地がまとまったらラップに平らにして包み、冷蔵庫で30分以上休ませます。
4. 台の上に強力粉を薄くまき、3の生地をめん棒で厚さ2mm程にのばします。
5. お好きなクッキーの抜型で型抜きをして、ベーキングシートを敷いた天板に並べ170℃に熱したオーブンで12〜15分程焼き上げます。
6. 焼き上がったら乾いたタオルの上等に置き冷まします。
仕上げ(アイシング)
1. 粉砂糖に卵白を加えてよく練り、なめらかにします。
2. ここに好みの食用色素で色をつけ、絞り袋に入れてクッキーの上に飾りつけをします。
3. アイシングが硬く乾いたら出来上がり!


◆ プロからのアドバイス ◆

1. バターに卵を加えた後、ホイップし過ぎると焼き上がった後、非常に壊れやすくなるので注意して下さい。
2. パウダー類は良く混ぜ合わせておかないと、味にムラが出るので気を付けて下さい。
3. もうすぐクリスマスなので、ツリーの形や家の形等で焼き上げ、アイシングで飾り付けをして楽しむのもいいですね。
4. アイシングはベタベタになりやすいので、固まるまで触らない様にしましょう。
posted by きまぐれ職人 at 16:46| 気まぐれケーキ教室

2006年10月14日

簡単ケーキ教室



気まぐれ職人の

気まぐれケーキ講習会
コックさん.gif

今回のお菓子は

カボチャのシフォンケーキ

秋が近ずいて来てカボチャ等も美味しくなって参りました。
そこで、今回はカボチャのシフォンケーキを御紹介致しましょう。
少し難しいですが、チャレンジして見て下さい。


◆ 材料 ◆
18cmのシフォン型 1台分

シフォン生地
卵黄4個分
卵黄用砂糖20g
卵白5個分
卵白用砂糖50g
かぼちゃ(正味)100g
薄力粉>80g
ベーキングパウダー小さじ1
シナモンパウダー小さじ1/4
牛乳50cc
サラダ油40cc
ラム酒大さじ1


◆ 製造準備 ◆

1、かぼちゃは種の部分を取り除き、電子レンジで加熱して竹串が抵抗なく刺さる様になったら、皮を取り除いて、裏越しして冷ましておきます。
2、薄力粉、ベーキングパウダー、シナモンパウダーは良く合わせて3回程フ  ルイに通しておきます。
3、家庭用オーブンを170℃に上げておきます。
4、卵白は使う直前まで冷蔵庫に入れておき、良く冷やしておきます。


◆ 手順 ◆

1、卵黄と砂糖をボールに入れ、白っぽく、もったりとするまで泡立てます。
2、1に牛乳を少しずつ加え混ぜます。
3、2にサラダ油を糸のように細く垂らして加えながら良く混ぜます。
4、ふるっておいた粉類をもう一度ふるいながら一度に加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜましょう。
5、冷蔵庫に入れておいた卵白を取り出し、ハンドミキサーで泡立て白っぽくなりとろりとしてきたら、砂糖を数回に分けて加えながら泡立て、ボールを逆さまにしても落ちないしっかりとしたメレンゲを作りましょう。
6、メレンゲの1/3量を4に加え泡立て器でなじませ、ゴムベラに持ち替えて残りのメレンゲを2回に分けて加え、メレンゲの大きな塊が残らないようにさっくりと混ぜます。
7、生地を高い位置から型からはみ出ない様に流し入れ、ハシ等で2週程かき混ぜて、生地をゴムベラで型の周囲に貼り付ける様に均したら、170℃のオーブンで25分〜30分焼き上げます。
8、焼きあがったらすぐに逆さまにして1時間程冷ます。
9、冷めたら型と生地の間にパレットナイフや竹串を使い、ぐるりと一周回し、底の部分にもパレットナイフをさし込んで型からはずします。
10、お好みでジャムや生クリーム等をつけて召し上がれ!!!


◆ プロからのアドバイス ◆

1、卵黄の立ち具合の目安は泡立て器を持ち上げるとタラタラとつながって落ちて、ゆるく跡が残る位です。
2、サラダ油を加える時、早いスピードで加えると分離しやすいので注意。
3、粉類を混ぜる時は、手早く!
4、メレンゲの泡立て終わりの状態は、つやつやとして角が立つ状態です。
5、1回目のメレンゲを合わせる時は、しっかりと混ぜましょう。
6、2回目のメレンゲを合わせる時は、ボールの底からすくい上げる様にしてメレンゲの玉が無くなる位に、軽く混ぜてください。
7、焼き上がってから直ぐに型から外そうとすると、ペチャンとなってしまうので、しっかりと熱を取ってから型から外しましょう。
posted by きまぐれ職人 at 16:22| 気まぐれケーキ教室

2006年09月15日

簡単ケーキ教室


気まぐれ職人の

気まぐれケーキ講習会
コックさん.gif

今回のお菓子は

アーモンドクッキー

今回は小さなタルト型にナッツをたっぷり入れたアーモンドクリームを流した香ばしいクッキーです。
ちょっと贅沢なこの味で、子供達と作って御主人に食べてもらえば、御主人は家族の愛にきっとメロメロになってしまう事でしょう。


◆ 材料 ◆



クッキー24個分
[クッキー生地]
無塩バター(室温に戻したもの)90g
グラニュー糖80g
1個
卵黄1個
少々
薄力粉200g
[アーモンドクリーム]
無塩バター(室温に戻したもの)80g
粉糖80g
アーモンドプードル80g
薄力粉15g
2個
ラム酒小さじ1
アーモンド(刻んだもの)10g
くるみ(刻んだもの)10g
カシューナッツ(刻んだもの)10g
ラム酒漬けレーズン10g
飾り用アーモンド24個


◆ 製造準備 ◆

小さめのタルトカップに油を塗っておきます。
水に粉末寒天を振り入れ、5分程置きます。
バターは室温に戻しておきます。
ナッツ類は刻んでおきます。
アーモンドクリーム用のアーモンドプードルと薄力粉は、良くもみ合わせておきます。


◆ 手順 ◆

[クッキー生地を作る]
1.ボールにバターを入れて、ポマード状になるまでホイッパーでやわらかくし、グラニュー糖を入れて白っぽくなるまでよくすり混ぜます。
2.卵と卵黄を溶きほぐし2に数回に分け入れ、分離しない様に混ぜ合わせます。
3.ふるった薄力粉を入れ、ゴムベラ等で切るように混ぜ合わせ、そぼろ状にします。
4.ラップに包んで冷蔵庫で1時間くらい寝かせます。

[アーモンドクリームを作る]
1.ボールにバターを入れ、ポマード状になるまで混ぜ、粉糖を入れて白っぽくなるまでよくすり混ぜます。
2.卵を溶きほぐして1に数回に分け入れすり混ぜます。
3.アーモンドプードルと薄力粉を加えてさらに混ぜ、ラム酒を加えます。
4.細かく刻んだアーモンド、くるみ、カシューナッツ、レーズンを3に混ぜます。

[クッキーを焼く]
1.クッキー生地は軽くもみ合わせて、3mmくらいの厚さにのばし、タルト型24個に生地を敷き込み冷蔵庫で30分程休ませておきます。
2.アーモンドクリームを1のタルト型にティースプーン等で分け入れ、仕上げにアーモンドを1個ずつ乗せて、180度に温めたオーブンで20分間焼き上げます。
3.型からはずし、網の上にのせて冷ます。


◆ プロからのアドバイス ◆

卵をすり合わせる時は、分離しやすいので注意して下さい。
アーモンドクリームはすり混ぜ過ぎると、焼いている時に型から溢れる事がありますので、混ぜ過ぎに注意して下さい。
アーモンドクリームは、クッキー生地をタルト型に敷き、冷蔵庫に入れ休ませている間に作るのが良いでしょう。
posted by きまぐれ職人 at 18:53| 気まぐれケーキ教室

2006年07月28日

簡単ケーキ教室


気まぐれ職人の

気まぐれケーキ講習会

コックさん.gif

今回のケーキは

ケーキ屋さんの杏仁豆腐

梅雨明けまじか、うだる様な暑い日が続く様になりますね。
そこで、ひんやり冷たい杏仁豆腐の作り方を御紹介します。
洋菓子風の杏仁豆腐なので、お口に合うかどうか心配ですが・・・。
一度挑戦して見て下さい。


◆ 材料 ◆


粉末寒天4g
100cc
牛乳800cc
杏仁霜50g
グラニュー糖70g
みかんの缶詰適量
その他好みの缶詰適量


◆ 製造準備 ◆

お好きなカップ、もしくはバットを用意します。
水に粉末寒天を振り入れ、5分程置きます。


◆ 手順 ◆

1、杏仁霜と砂糖をよ〜く混ぜ合わせ、牛乳の一部で溶いておきます。
2、寒天を弱火にかけ、粉末寒天がとけるまで混ぜながら煮溶かします。
3、煮溶ければ火から下ろし、寒天と残りの牛乳を加えて混ぜ合わせ、再度弱火にかけ沸騰寸前まで火にかけます。
4、鍋ごと水につけ、粗熱を取ります。
5、好みの器、又は深めのバットに流し、冷やし固めます。
6、固まったら、缶詰のシロップを注ぎ、フルーツを飾ります。
7、バットに流した方は、大きめのスプーンですくい、器に盛りシロップをかけます。


◆ プロからのアドバイス ◆

火にかけている時は焦げやすいので、注意しながら温めて下さい。
滑らかに仕上げるなら、器に流す前に裏ごし器を通すと良いでしょう。
甘さは、皆さんの好みで調整して下さい。
posted by きまぐれ職人 at 21:29| 気まぐれケーキ教室

2006年06月11日

簡単ケーキ教室


気まぐれ職人の

気まぐれケーキ講習会

コックさん.gif

今回のケーキは

きな粉のロールケーキ

昔懐かしい素朴な味を重視したロールケーキです。
きな粉の香ばしさが良い感じで口に残り、紅茶が美味しくいただけるロールケーキです。


◆ 材料 ◆

1本分
{ロールスポンジ}
卵黄3ヶ
グラニュー糖35g
卵白3ヶ
グラニュー糖35g
小麦粉55g
きな粉15g
{クリーム}
グラニュー糖70g
きな粉20g
牛乳200g
生クリーム100g
かのこ豆100g
{仕上げ用パウダー}
パウダーシュガー20g
きな粉10g


◆ 製造準備 ◆

ロールスポンジ
1、卵は卵白と卵黄に分けておきます。
2、きな粉と小麦粉は混ぜ合わせてふるっておきます。
クリーム
1、きな粉は牛乳で溶かしておきます。
仕上げ用パウダー
2、良く混ぜ合わせて、ふるっておきます。


◆ 手順 ◆

1、小麦粉ときな粉を合わせて振っておく。
2、卵黄とグラニュー糖を合わせてよくホイップする。
3、卵白をホイップし、グラニュー糖を数回に分け加えて更にホイップしてしっかりとしたメレンゲを作る。
4、卵黄にメレンゲの1/2を加え合わせから、残りのメレンゲを加え手早く軽く合わせ、粉類を合わせる。
5、丸口金3cm程の物をつけた絞り袋に生地を入れる。
6、クッキングシートを敷いた天板一面に横につなげて絞る。
7、絞った生地の上に、茶こしで仕上げ用パウダーをふり、180℃〜190℃で8〜10分焼き上げる。

サンドクリーム
1、グラニュー糖ときな粉を合わせて振るい、冷たい牛乳を加えよく混ぜ合わせる。
2、5〜10分冷蔵庫に入れておく。
3、生クリームをホイップする。
4、角が立つ様になったら、冷やしておいたきな粉と合わせる。
5、かのこ豆を加える。

仕上げ
1、冷やしたロールスポンジにサンドクリームを平らに広げる。
2、これをロール状に巻く。
3、少し冷蔵庫で休ませる。
4、好みのサイズにカットして、上掛け用パウダーを少し振り、出来上がりです。


◆ プロからのアドバイス ◆

1、ロールスポンジは完全に熱を取ってから、クリームを塗りましょう。
2、生クリームはホイップし過ぎると、舌触りが悪くなるので注意しましょう。
3、生クリームをホイップする時は、氷水で冷やしながらホイップしましょう。
4、巻き上げたロールケーキは、2時間以上冷蔵庫で冷やしてから切り分けましょう。
5、ロールスポンジは少しでも焼き過ぎると、パリパリになってしまうので要注意!
6、製造してから1〜2日が、美味しく食べられる期日です。

posted by きまぐれ職人 at 17:52| 気まぐれケーキ教室

2006年04月29日

簡単ケーキ教室


気まぐれ職人の

気まぐれケーキ講習会

コックさん.gif

今回のケーキは

アンズのロールケーキ

卵の味を重視したロールケーキです。
アプリッコットジャムのさっぱりした酸っぱさが良い感じで口に残り、紅茶が美味しくいただけるロールケーキです。


◆ 材料 ◆

1本分
全卵3コ
砂糖90g
薄力粉75g
バニラエッセンス少々
アプリコットジャム大さじ4
ラム酒少々


◆ 製造準備 ◆

オーブン皿に型紙を敷きます。
卵は黄身と白身に分けておきます。
薄力粉は、良く合わせてふるっておきます。
オーブンを170℃前後に温めておきます。


◆ 手順 ◆

1、卵は卵白と卵黄に分け、卵白をしっかりと泡立て、砂糖を2〜3回に分けて、しっかりとしたメレンゲを作ります。
2、良く解した卵黄を2〜3回に分け入れ、バニラエッセンスを加えて泡を消さない様に混ぜ合わせます。
3、ふるった粉を一度に入れサックリと混ぜ合わせ、紙を敷いたオーブン皿に流し入れガス高速オーブンで焼きます。(オーブン温度170℃前後 約13分)
4、焼きあがればオーブン皿から取り出し、あついうちに紙をはずします。
5、巻きすに乾いた布巾をのせ、(4)を焼き色がついた面を上にして、ラム酒でのばしたアプリコットジャムを全面にぬり、端から巻き上げます。
6、巻き終りを下にしてしばらく落ち着かせてから切り分けます。


◆ プロからのアドバイス ◆

メレンゲはしっかりと角が立つ位まで、泡立てましょう。
黄身を混ぜ合わす時に、慌てて混ぜ合わすと泡が消えてしまう恐れが有るので、注意しましょう。
小麦粉を混ぜ合わせたら、手早く皿に流し入れオーブンに入れましょう。
少しでも焼き過ぎると、パリパリになってしまうので要注意!
製造してから1〜2日が、美味しく食べられる期日です。
posted by きまぐれ職人 at 14:52| 気まぐれケーキ教室

2006年03月27日

簡単ケーキ教室


気まぐれ職人の

気まぐれケーキ講習会

コックさん.gif

今回のケーキは

フルーツケーキ

◆ 材料 ◆
強力粉30g
薄力粉170g
シナモン2g
オールスパイス2g
ナツメッグ2g
全卵200g
無塩バター200g
グラニュー糖100g
玄糖100g
ブランデー50cc
フルーツミックス300g


(別にナッツ類として、カシューナッツ、くるみ、ココナッツ、アーモンド、ヘーゼルナッツ)適量


◆ 製造準備 ◆

このケーキは、日持ちのするケーキです。ミックスフルーツは半年くらい前からラム酒に浸けて用意しておきましょう。焼き上がった時に、ケーキ全体に良い香りが染み渡ります。

◆ 手順 ◆

1. ボールの大はバター用、中は卵用、口広の浅いものは粉用として用意しておきましょう。
2. すべての材料とボールを計量しておく。
3. 型の内側に満遍なくバターを塗り、用意しておく。
4. 粉とスパイス類を混ぜ合わせ、3回程ふるっておく。
5. バターをホイッパーでクリーム状にして、砂糖を3回に分けて加え、白っぽくクリーム状になる様に泡立てる。
6. 卵を3回に分けて加え、さらに角が出るまでしっかり泡立てる。
7. しっかりした固いゴムベラに持ちかえ、1/3のフルーツミックスと1/3の粉も加え、しっかり混ぜ込む。
8. 残り2回目からは、さっくり混ぜ込むことを心がけ、切るように心がけ同じ事をくり返す。
9. オーブンを160度にセットしておく。
10. 型に均等に入れ、10センチ位の高さから落として空気抜きをしておく。
11. 温まったオーブンに入れ、パウンドケーキ型なら55分、丸型なら70分くらい焼く。
12. 焼き上がりは串を刺してみて、串に生地が付いて来なければ焼き上がり。
13. 型からすぐ出して、涼しいところで冷ます。
14. ブランデー、ラム、コアントローなど好みのものを用意し、十分冷めたケーキに刷毛で塗る。量は好みにまかせてよいが、多いほど殺菌力があるので、長く保存できる。
15. きちんとラップをし、空気から遮断する。
16. 1週間ごとにお酒を塗り直すと、3週間位は冷蔵保存出来ます。
17. 食べる時、切り分けたケーキの上に、デコレーション用のパウダーシュガーを振る。濡れているので、沢山振ってもベタベタになるだけなので注意しましょう。
18. 残ったものに、たっぷりのお酒を染み込ませると別のお菓子になります。


◆ プロからのアドバイス ◆

バターは室温に、卵は温かい塩水にしばらく浸けておき、洗浄と温度を同時に得ると良いでしょう。
卵を混ぜる時、1度に加えると分離してしまうので注意して下さい。
粉ふるいは十分にして、振ってからは長時間おかない方が良いです。
すべてを混ぜ終えたら手早く型に流し込み、直ぐにオーブンに入れる様にしましょう。

posted by きまぐれ職人 at 15:55| 気まぐれケーキ教室